酔った勢いで初対面の彼の家までついていった

学生時代、いつもの女の子8人組で飲み会をしました。何かの打ち上げで飲み放題コースだったこともありどんどんお酒が進み、お酒には強い方だった私もかなり酔っ払っていました。

飲み会後みんなと解散し、予定のある友人について行き私は自宅とは反対方向の電車に乗り繁華街へと向かいました。目的地で友人とは別れ、酔っ払いながらもなんとかまともにしようと振る舞いながら街を歩いていると、横断歩道を渡り終えた所で1人の男性が声をかけてきました。

とてもかっこよくて笑顔が素敵な彼としばらく一緒に歩き、上機嫌な私は話が弾みご飯に誘われ、そのまま居酒屋へと向かいました。お店で過ごしたのはそんなに長くなかったように思います。気がつけば彼と一緒に電車に向かい、彼が1人で住むマンションへと向かっていました。

初めて来た駅で降り、暗くて静かな道を彼と歩きました。彼のマンションへ着き5分ほど玄関前で待ちました。
そして中に入り、何も躊躇することなく自然と彼と関係を持ちました。初めて会った彼、見た目もよく会話も楽しく、そんな彼との一夜はとても気持ちの良いものでした。

夜が明け、駅まで送ってもらい、何事もなかったかのような1日を過ごしました。彼とはお互いに恋愛の意識もありませんでしたが、その後、お互いの寂しさを埋めるかのように2度会う機会があり関係を持ちました。

危ない始まりでしたが楽しい思い出となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です